Fの休息 /

SDガンダムオペレーションズ中心、たまに他ゲームも

夢日記書いていく その3

今日は2つ夢見たんで二つとも書きます

まず1つ目から

場所
どこかの室内?居住区とお店が並んでいる通路みたいな場所にいる

時間帯 夜

夢の中の自分はそこの近くに住んでいるらしく、今回(この夢の間)はここ辺りも通って帰ろう!みたいなそんな感じでした。
壁はコンクリというより木の感じ
自分のいる通路の両隣りにセイコーマートがあって「2つあるのはどこの層に需要があるんだろう?」とか考えてました。
上に行く階段があって登っていくと展望台みたいな場所に出た。そこには人もまばらにいて展望台は屋内じゃなくて屋外。近くに自販機もあったはず

不思議な雰囲気だったのだけどこの後場面が切り替わる


場所
市街地にある公民館みたいなところ
(以下公民館

時間帯 昼 

季節 夏 珍しく季節もわかった

その公民館の前からスタート。自分の目の前には水着の人達がいる
どうやらその公民館の中はプールに繋がっているのか、とりあえずそこの周辺は水着でおkみたいなそんな感じ
先に進もうとすると顔見知りの人がいて(顔思い出せないけどな)
「○○、着替えるからちょっとまっててー」とか言われた
○○は俺のあだ名

仕方ないので更衣室のある通路に行くことに。そこにも人はいっぱいいて、こっちも顔見知りの人が多かった気がする。
んで更衣室のちょっと過ぎた辺りで待っていようかとか思ってたらいきなり
「〇※×☆♨ーー!!!!!」とまぁ、声にならない悲鳴っていうか混乱してとりあえず叫んだみたいなそんな女子の声が聞こえて振り返る。
悲鳴が聞こえた女子更衣室の中から女子が突き飛ばされた?のか変な挙動で外に出てきた。

そしてそこからじゃ女子更衣室の入口見えないので走って更衣室の入口(入口は簡単に言えば公衆便所の入口が真ん中にあって左右それぞれ別れている構造と同じ)まで行くと・・・


入口には筋肉モリモリマッチョマンの変態としか表しようがない大男が立っていた。まじで筋肉モリモリの更に身長が2メートルあるんじゃないかくらいの大男
下は見てないけど上半身は裸で右胸の少し上あたりから血が出ていた。さっきの女子に引っかかれたのか?
大男はさっきの女子みたいな言い表しにくいような声で大きく吠えた

んで普通に怖ええええええ!!!とか思ってたんだけど周りに友人達がいたからか
「待て!」と叫んだ・・・気がする
やべぇ、絶対こっち向かってくるパターンだ・・・って思ってたら大男は振り返って女子更衣室の中へ歩き出した。こっちに向かってこなかったのでなんとかして撃退してやる!みたいなそんな気持ちになってた

そして都合よく近くにさすまたが設置してあって友人が取ってきてくれた
このさすまたよく見るとU字になっている片方だけ長くなっている
このさすまたを持って背中向けてる大男の肩を狙って突き刺した辺りで目が醒めた

実は大男が吠えた辺りで一気に夢から醒めて目つぶってるだけの状態に近い感じになってました。この後大男はどうなったのか?わからずじまいです
(´・ω・`)

これで起きたのが深夜の3時くらいでその後見たのが2つ目の夢

場所
実家 ・・・のはずだけど

時間帯 朝

この朝を迎える前日の夢も見ていた気がするけど思い出せない
朝起きて実家にいるのに「仕事いかなきゃ!」と慌てている
そもそもこの時点で\(^o^)/オワタな状況なんだけど・・・
んで母親に取り入っても話を聞いてくれない(これは他の夢でもお約束
時間は8時18分とかそんくらい。やばいどころの話ではない
急いで外出ると夢の中の自分は知っているみたいだったけど、現実の自分から見ると全く知らない住宅地に出た。
走っていくとあるわけないのに自分の会社によくきているお得意さんみたいな人を見つけて、「今日○○行く予定ないですか!?」とダメもとで聞いてみる。
○○は俺の会社名

返答は「今日もう行ってきたからもう行かないわ~。ごめんね~」的な内容
現実は非常である(´・ω・`)
(夢の中でそう思ってた。現実じゃねぇぞ

更に走ってどれくらい時間が経ったか携帯を見てみるとメールが入っていた
いつものプレバンか何かだろうと思って開いてみると、なんか知らない人からの長文メール。よく読むと自分の鼻の治療してくれたえらい先生・・・らしい。ご丁寧にその先生の顔写真も付いていた(顔は見たことなかったけど
内容は「似たような症例があるから完治できるヨ!とりあえず病院にこいよ!」みたいな感じ

これで仕事遅刻した口実が作れるぞ!とか思ってたら、いつのまにか椅子に座っていた←!?
何を言っているかわからねーと思うが(ry

目の前には誰か知らないおじさんがターン椅子?お医者さんが座っているアレ
に座っている。んで振り向いた顔を見るとメールの顔写真と同じ顔をしていた。いつのまにか病院の中にいたらしい。「治療するのは構わないけどとりあえず会社に電話しないと・・・」そういうと
「大丈夫だ、問題ない」と俺の反対側に座っていたおじさんが振り向く
なんと会社の上司^q^ んなばかな

「俺が会社に連絡しとくから大丈夫だよー」と上司は言ってくれた

ここ辺りで丁度目が醒めた

なんか最初はピンチだったのに上手い具合にことが進むなーと思った夢でした

一つ目の夢で見た大男との決着はどうなったのか・・・気になるところ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://namaenantenai.blog.fc2.com/tb.php/944-8bc15ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)